つぼ療法のひみつ

運動と食生活で健康な毎日を送るために

MENU

どもりのツボ療法

 

どもりは別名「吃音症」とも言われている病気で、発語時に言葉が連続して発せられたり、

 

瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの言葉が円滑に話せない病気をどもり、別名「吃音症」と言われています。

 

このどもりを治すには様々な方法がありますが、
最近注目されている療法が「ツボ療法」になります。

 

どもりの治療にツボ療法が効くのか?と思っている人もいるかもしれませんが、ツボ療法がどもりに効果があるとして知られています。

 

どもりのツボ療法はリラックスできる効果があるツボを刺激して、
どもりを改善させていくのがどもりのツボ療法の基本的な特徴と言えます。

 

どもりに有効なツボとは、「労宮」や「神門」のツボがどもりに効果があると言われています。

 

労宮というツボは、人差し指と中指の間の下の部分にあり、
ちょうど手のひらの中心部に労宮というツボがあります。

 

神門というツボもは、手にあるツボで、小指側の手首のくぼみにあります。

 

この神門というツボもも、気持ちを落ち着かせる効果がありどもりに効果があると言われています。

 

このようにどもりのツボ療法は、「労宮」や「神門」のツボを刺激して治療するようにしましょう。