快適な睡眠のために

運動と食生活で健康な毎日を送るために

MENU

メラトニンと睡眠

 

メラトニンと睡眠には、どのような関係があるのでしょうか。

 

メラトニンと睡眠には、深い関係があり、メラトニンは元々
脳の松果腺から分泌されるホルモンの一種です。

 

メラトニンは、不眠症の方が眠れるようにするために、病院で
処方されることもあるほど、睡眠とは深い関係にあります。

 

メラトニンは、服用すると悪夢を見たり、低血圧が起きたり、
眠気を起こさせる、腹痛が起きるなどの副作用もありますが
抗酸化作用も認められています。

 

メラトニンは、年齢と共に分泌量が減少していきます。

 

そのため、年齢を重ねたご老人の眠りが浅くなるのは、メラトニンの
分泌量が減少しているためだという研究報告がなされています。

 

睡眠障害により、夜眠れない人がメラトニンの作用を利用して
眠気を起こし、一晩ぐっすり眠れるようになるために、一時的に
メラトニンを服用するといったことが、しばしばあるようです。

 

ただしメラトニンは飲み過ぎると吐き気をもよおすため
服用には注意が必要です。

 

メラトニンは、睡眠に深くかかわっていますが、年齢を重ねていない
若い人でもストレスや生活習慣の乱れ、偏食等により

 

メラトニンの分泌量が著しく低下している方が
最近は増えているようです。